柏崎レンズルーム > 弱視治療用メガネ > 治療用眼鏡の保険適用について

治療用眼鏡の保険適用について

ご注意遠視や近視、乱視があっても矯正視力や両眼視機能、眼位など異常のないお子様が使用する眼鏡等に対しては、保険は適用されません。
弱視、斜視、先天性白内障術後など、医師が治療に必要と判断し処方した眼鏡に限ります。

対象 9歳未満のお子様
給付額について 基準額 児童福祉法の規定により 36,700円×1,048=38,461円 (支給額上限)と定められています。
給付額 通常の保険と同様、購入額の7割が給付額として適用されます。
購入された眼鏡が基準額以下の場合は購入金額の7割が給付額。
購入された眼鏡が基準額以上(38,461円)を超える場合、一律26,922円となります。
適用限度数について 5歳未満の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が1年以上
5歳以上の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が2年以上
申請手続き 担当医師に治療用眼鏡に該当するかどうかを確認し、ご自身で手続きを進める必要があります。
必要書類 ・療養費支給申請書(加入している健康保険組合窓口にあります)
・弱視等治療用眼鏡等作成指示書
・眼鏡処方箋の写し
・治療用眼鏡の領収書
申請 ご加入の健康保険窓口で申請します。
・政府管掌健康保険にご加入の方 :社会保険事務所
・国民健康保険にご加入の方 :市区町村の国民健康保険課
・健康保険組合にご加入の方 :健康保険組合の事務局

※給付金は、振込されますので銀行口座、印鑑等は必ず持参してください。